「WALK WITH〜共に歩むパートナー〜」


いわきFC(株式会社いわきスポーツクラブ) 大倉代表取締役と、弊社Freecom、代表取締役ロイの対談。Freecomオープンから、いわきFCとの繋がりについて、語っております。ぜひ、ご覧ください。

Article Here


ENGLISH TRANSLATED VERSION FOLLOWS

__________________________________________________

WALK WITH | Iwaki FC Partners Issue 4 Freecom CEO, Roy Cameron

2019.08.23

大倉代表がいわきFCパートナーの代表と

いわきについて語る「WALK WITH」。

第4回は、株式会社フリーコム

キャメロン・ロイ代表取締役にお話を伺いました。


In “WALK WITH,” Iwaki FC president Satoshi Okura interviews representatives from partners of Iwaki FC. For the 4th installment, he sat down to talk to Freecom CEO, Roy Cameron.

=======================

大倉代表(以下、大倉):今回、フリーコムのご紹介はもちろん、ロイさんの人となりもお伝えできればと思ってますので、よろしくお願いします。 (Satoshi Okura): First, I would love it if you could tell me about yourself as well as the story of Freecom.

ロイ代表取締役(以下、ロイ):私はスコットランド出身で、日本に来て15年になりました。スコットランドの大学時代の友人達に、一緒に日本に行かないかと誘われたことが初めて日本に来たきっかけでした。 (Roy Cameron): Well, I’m from Scotland, and I’ve been in Japan for fifteen years now. I first came to Japan with my university classmates who convinced me come here with them after graduation.

日本で英語講師として働くことになり、当初は友人達と北海道で働くことを希望していたのですが、当時の会社から配属されたのが福島県郡山市でした。来た当初は1年くらいの滞在になると思っていましたが、日本で見るものすべてが私にとって新鮮で、人々も良い人ばかりで、この国のことをもっと知りたいと思いました。そんな思いからもう1年、もう1年と延長して滞在するうちに、勤めていた会社が廃業してしまったんです。すると、周囲の方々から「英会話スクールを開いてほしい」という声を多くいただくようになりました。ただ一方で、長く日本に滞在していましたので、スコットランドに戻りたい気持ちもあり、迷いがありました。しかし多くの方から「日本に残ってほしい」と声をかけていただき、英会話スクールを開くノウハウも経験もなかったので不安はありましたが、フリーコムを立ち上げることを決断しました。 I initially hoped to work as an English teacher with my friends in Hokkaido, but my company assigned me to Koriyama city in Fukushima prefecture. At first, I intended to only stay a year, but I was having a great time and the people were so welcoming and kind. Everything was so new to me that I wanted to learn more about this country. From that point on I would extend my stay each year until the company I was working for went through a bankruptcy. Soon after I was contacted by many people around me asking me to open my own language school. I was conflicted and had a hard decision to make because I had been in Japan for three years, and part of me wanted to go back to Scotland to be with my family. Of course, I had doubts as I had no experience running a company, and this would be doing so in a foreign country where I could barely speak the language. I went with my heart and listened to those around me and decided to open Freecom.

ほかの国から来られて、スクールを立ち上げるというのも相当難しかったでしょうね。どうやって開校までこぎつけたんですか?


(Satoshi Okura): It must have been difficult to come from a different country and start an English school. How did you manage to do it?

立ち上げを決めた当時、資金は20万円しか持っていませんでした。とても小さな事務所を借り、自分達で内装をして、備品はすべて中古で揃え、なんとか開校にこぎつけたんです。

すると開校初日、とてもたくさんの方が集まってくれて。若くて経験もなかった当時の私に、周囲の方が知り合いを紹介してくれたり、いろいろ助けてくれたんです。そのおかげでフリーコムは成長し、翌年には福島市に2校目を開校することができました。郡山にオープンしたフリーコムの噂を聞きつけた方々から、福島市にも開校してほしいとの声をたくさんいただいていました。 (Roy Cameron): When I decided to start Freecom, I only had 200,000 yen in the bank. I managed to rent a small office in Koriyama city, and furnished it with second-hand items. Everything was mostly hand-made. At the time I was young and inexperienced, but the people around me helped so much, especially by spreading the word about Freecom. I couldn’t believe how many people gathered for our opening day. Because of the support we received from the community, Freecom grew and the following year we were able to open a second branch in Fukushima City. This was after many people in Fukushima City had asked us to open a Freecom there too.

いま、フリーコムは全部で何校になったんですか? (Satoshi Okura): How many Freecom branches are there now?

郡山市に2校、福島市に1校、宮城県仙台市に2校、東京に1校と、いわきFC校。合計7校です。

これまで成長を続けてきましたが、ビジネスの世界では「3年が山場だ」とよく言われます。起業から3年生き残ったら、その後のビジネスは順調だ、と。ですが、私たちにとってちょうど3年が経った2011年春、東日本大震災が起きました。当時あった教室は閉鎖し、外国人講師は全員帰国しました。「もう営業再開は無理だ」と絶望的な気持ちになりました。しかし、その後、多くのひとの助けがあって、なん